2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ますます悪い方向へ

今日も朝からなんだか漠然としたイライラ感があって薬を飲んでました。
でも、午前中 社長がいなかったから少し落ち着いて仕事できた。
昼休み、なんだかやっぱり心の奥のほうにイライラ感があったから、イライラ抑制のリボトリールを1錠飲みました。
1時間ほどたったら思考が停止してどうでもよくなってた。かなり眠くなったけど。よく効いてた。
なのに・・・
2時に社長が戻ってきて、つじつまの合わないことをネチネチと言ってるのを聞いてて、またイライラが勃発してしまった。
もうだめだーと思ったときにはボールペンがんがん机にたたきつけて投げてた。
でも、薬のおかげかそれだけですんだ。

だけど、私をやめさせる方向で考えていることを聞いた。
私はクビになったら泣き寝入りするしかないのかな。
発作起こすけど仕事はちゃんとできてるし、私がこうなった理由の半分は社長にあるのに。
パートだからどうしようもないのかな。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漠然とした不安感

前回、母が認知症というお話を聞いていろんな励ましのコメントありがとうございます。
あれから、私は一人になると母とのいい思い出を思い出しては涙が出てくる状態になり、不安で不安でしょうがなく、このままじゃ私は倒れてしまうんじゃないかという感じでした。
会社でまた二度もかんしゃくを起こしました。
きっかけは本当に些細なこと。普段ならそんなことでキレるとは思いもよらない事。
社長がみんなに対して「今、社内には人数が多すぎるんだ」と言ったんです。
それをなぜか私は”私にやめろってことか、私が無駄なのか”ととりました。
それでもうそのへんのものを投げる 壊す うなる 
今まで社長の前ではとにかくおかしくならないように気をつけていましたが、もうそのときは無理でした。
きっかけは社長の言葉だけど、本当は抱えている不安が私をそうさせてしまった。
でも、はたから見ると社長があんなこと言うのが悪い ということになっておりました^^;
一応、社長が悪い という空気になってるので、おとがめなしで済んでます。。。でも、いつ何言われるか。
私の病気は”全般性不安障害” のようです。


心療内科で「そりゃ深読みもいいとこだよ」といわれたので 今まで言ってなかった仕事での不満をぶちまけました。
今までは子供の不安とか生活の不安とかしか言ってなかったから。
でも、仕事の不満を言い出したら、そりゃもう饒舌に語っていたようで笑
私は ネット販売のホームページのデザインを担当していて、社員みんなもデザインができるのは私しかいないので頼ってくれていて、とにかく人の目につくようなデザイン きれいなデザインを作ると喜んでくれました。
だから、ああいうのを作って!こういうのを作って!というリクエストにもさんざんこたえてきました。
どうやったらお客さんが見やすいかな というのを考えながらページ構成もやってきました。
それが2年ほどたったとき、社長がそれを不服に思っていることを言ってきたのです。
社長の考えとしては、ホームページに時間をかけたくない、客に親切にしたくない、客はだましてなんぼ
客に親切にして儲けたって手間がかかって損をするばかり、リピーターなんかいらない 買った客にサービスなんかするな、返品にはこたえるな、 ホームページに時間かけるぐらいなら社長のこづかい稼ぎのヤフーオークションに一個でも出品してくれ ホームページなんかテキストと写真だけ入れとけば十分だという考えだったのです。
2年間、私が必死でやってきたことはなんだったんだろう 絶望感でいっぱいでした。
私がやってきたことで売上げが保たれているという自信があったのに、全く認められていなかった。
それでも、社員や私たちは、社長の言うとおりにしてたら店はつぶれてしまうのは分かっているので、その考えを受け入れませんでした。でも、結局、社長がそういう考えかたなので、社長の目を盗んで分かりやすいバナーやページを作る 時間かけてたら怒られるから本当にコソコソと。 なのに、ほかの社員たちは社長に少しは反対意見は言うものの聞き入れてもらえないため、社長のことは気にしないでいいものを作って!と私にデザインの質を求めてくる その板ばさみに苦しめられてきました。
そういうのを饒舌に語ると、先生は
「なんか今の聞いて分かったよ」と言いました。
「あなたはあなたのやり方でやったらいいんだよ。」


「でも、それじゃ社長にずっと評価されないまま。がんばってもがんばっても社長にとっては私は無駄なことをやってる人間。給料を決めるのは社長なんだから。」
「それでもあなたは社長に評価されるために仕事してるわけじゃないんだから。自分の気がすむようにやりたいようにすればいい」
「かんしゃくを起こしてしまうのは、相手に対してかんしゃくを起こしているのではなくて、自分の中の子供たちにたいする不安やら親の不安やら仕事の不満やら いろんなものが行き場をなくして内側からわいてきているんだ。」

まぁそうかもしれません。
私の不安のタネは日々かわっているし、今は漠然として理由の分からない不安感のほうが多いから。

それから、親の認知症のことなんだけど、一緒に暮らしたいがために”前頭葉がスカスカ”だとか ”記憶をなくしてもいい”など私に言ってきていましたが、私があまりにおかしくなっているという事実を知って 実はそんなひどい状態ではないことを言ってきました。
まだ、認知症という境界まで行ってないようです。ちょっと年齢に対して脳の萎縮が早いかなという状態で。
薬を飲めばよくなる可能性もあるということでした。
それでかなり安心しました。

それなのに、それを聞いて、もう不安はないはずなのに
一日中、意味もなく漠然とした不安感で心が震えていて、不安だったかと思ったら、漠然としたイライラ感にかわって、すごくつらいです。
そして、きわめつけはたびたび起こるかんしゃく。
いまだに買い物できない。
なんとかご飯は作れるようになりました。
かんしゃくをなおすにはどうしたらいいんだろう。なんだかつねに種火がついていてすぐ爆発してしまう。
でも、子供にたいしてかんしゃくを起こすことはなくなりました。
ほとんど会社。でも、会社でかんしゃくを起こすとマジで死にたくなります。。。。

薬が追加されました。
朝は今まで通り漢方 抑肝散
夕方は抑肝散、リスペリドン、セレニカR顆粒40% (セレニカRが今回初登場です。感情の起伏をなくすとか)
寝る前は抗不安薬のソラナックス

漠然とした不安は我慢できるとこまで我慢して、それが漠然としたイライラにかわってしまうようなら頓服としてリボトリール  

まだまだ週一回ペースです。
それでも、すごい診察時間。1時間ぐらいしゃべってたかも。
数をはけてなんぼの心療内科でこんなに話を聞いてくれるところは珍しいです。だから初心はもう受け付けてないらしいんだけど。10年以上通っててよかった。

ちょっとほっとした時間
穏やかな時間を少しずつでも増やしていくことが大事だそうです。
DSCF3324.jpg
しーくんを連れて、あじさいが13000本とバラがたくさん植えられている種松山に行ってきました。
すごいあじさいの数でした。
そして、ちょうど雨が降ったあとで、カサはささなくていいほどの小雨がぱらついてて、あじさいがいい具合に水滴がついてて、マイナスイオンたっぷりでした。
DSCF3333.jpg

それから、昨日はゆうの陸上総体でした。
1年生は体ができてないから、秋の新人戦まで出しませんので と部活参観で言われていたのになぜか突然6月の総体が決まり、いそいでスパイクを買い ゼッケンをつけ。
1年生男子100mに出場でした。
スパイクだと走りにくいといってたせいもあって、今回は決勝戦に出ることはできませんでしたが、去年より1秒以上も記録をぬりかえ、ユニフォーム姿でもう昔から陸上やってます みたいな人たちの中で見事ゆうは3位でした。スパイクに慣れてないし、決勝に出た人たちとは0.3秒差とかだから、これからだよね。スパイク履き始めてまだ2,3回なのにほんとによく頑張った。

| 未分類 | 06:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。