| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しーくんのこと

夏休みに入って元気いっぱい毎日いろんな友達と遊んでかえってくるしーくんです。
それが一番なんですけど。

発達障害児専門の塾(放課後デイ)のほうに毎回のように泣きついてます。
計算は速いのに文章題からそれが足し算か引き算かがわからないよー
わからないまま次の単元いっちゃったよー 
160は10が何個ですか がわからないよー
教えても教えてもわからないよー
それがわからないまま今度はリットル、デシリットル、ミリリットルに入ったったよー
学校の先生に、宿題が何時間もかかると泣きついたら宿題そんなにしなくてもいいと言われたよー
と、毎回連絡帳にこんなこと書いてるので、代表の方が心配して私に電話くださいました。

全部を完璧にしようと思わないで。
捨てるところは捨てようよ。
机の上の勉強ばかりにとらわれていないで
日常の買い物とかさせる中で、160円だから10円16枚持っていこうっていうところから学べばいい。
デシリットルなんて大人になって使わないでしょ?そういうのは捨てましょうよ。
この先、分数や小数点がでてきたらどうするの?
そりゃ分数や小数点がわかってるにこしたことはないけど。
捨てれるところを捨てないともたないよ。
日常生活から学べるところを学ぶようにすればいい。

そんな感じで。
通常学級で遅れないようにって必死になってましたね。
がんばればなんとかなってきたから。がんばって全部克服しようとしすぎていました。
障害にいちはやく取り組んでおきながら、障害を受け入れられてないかあちゃんになっていたのかも。

そのあと、懇談があり、担任の先生が、このまま通常学級で十分大丈夫でしょう。5年生ぐらいまでいけるんじゃないでしょうかと言いました。
それを放課後デイの先生に報告したところ、「何を根拠に言っているの?家でさんざんフォローしてなんとかついていってるしーくんしか見てないからだよ。」と言われました。療育の専門の先生からも、もう難しいかもしれないねと言われています。

少しゆるめます。
宿題と少しドリル的なものだけにとどめておきます。
泣くまで教えるのやめます。。。
受け入れながら捨てるとこ捨てながら将来のことを考えます。


スポンサーサイト

| 発達障害 | 11:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しーくんのこと

しーくんは学童をやめて放課後は近所の子供たちと遊ぶようになって劇的に成長しました。
3歳のときに広汎性発達障害の診断を受けて指導を続けてきましたが、学習面でかなりつまづきがあります。
でも、一番心配していたのは友達関係。理解力、会話力がないことで、いじめられるのではないか、友達ができないのではないかという不安がとてもありました。
ところが、その心配は束の間だけ。2年生になった今では学校では休み時間は誰かと遊ぶ、放課後も自転車で走ってれば誰かに出会って遊ぶ という毎日を送るようになりました。友達も幼稚園生から中学生までさまざまです。
友達とちゃんと会話ができてるのか、一度見てみたいとは思うんですけど。見たことがないです。
友達が増えると、遊びから学ぶことってすごくて
相当な運動音痴で毎日のように練習していたのにだめだこりゃ状態だったリップスティックやJボードもいつのまにかばっちり乗りこなせるようになり、どこに投げてるんだっていう状態だったボール投げもコントロールがさだまってきました。
これってどんなに教えて、練習させてもできなかったことなのに、友達との遊びからあっという間に学んでしまいました。

広汎性発達障害という割には、発達障害の特徴といわれている特徴がなかったしーくん。
こだわりもない。相手の気持ちも理解できているようだ。多動もない。
本をあさってもあさっても、うーん なんか違うような・・・だった。
それなのに、言葉が理解できない。会話ができない。
学校であったことを聞いても、単語が乏しくさっぱり意味がわからない状態。
なにやら友達か誰かにされたこと言われたことを辛そうに伝えてくるんだけど、
それが いつ 誰が どんなときに どんな会話の流れで そういうことを言ったのか、されたのかが
質問しても答えられないため、こっちは心配なだけで状況がさっぱりわからないこと。
学校で先生に言われたことも、ピンポイントで覚えてくるため、”カードを持っていくらしい”
カードって何?なんのカード?いつ使うカード? まったく分からず先生に電話するといった状態です。
そして、言葉の理解が乏しいということは、全般的に学習がつまづくというわけで。
これはなんなんだろう。と思っていました。
小学校2年生になって、これはもしかして、しーくんは学習障害(LD)なのかなと思いはじめています。
しーくんは小学校に入る前から毎日2時間勉強を教えています。
1年生は2,3カ月先のことを何日もかけて教えることで、やっと平均よりちょっと下あたりです。
だから、学校の先生にはちょっと理解できてないところがあるかなっていう程度に見えてると思いますが、
家での負担が半端ない状態です。しーくん自身もかなりきついと思います。
市へ相談しても、そんなの勉強嫌いになっちゃうよ。クラスの何人かは遅れている子っているじゃない。
そういう子がいたほうがほかの子にとってもいいのよ。
って。それは、こっちの立場の意見じゃないよね。
勉強嫌いになっちゃうのは重々承知してる。それでも、しーくんはがんばってます。
私もがんばってる。でも、やっぱしんどい。
理解できる言葉で言葉を選んで何度も何度も説明しても分かってもらえないんだもの。

しーくんが今つまづいてること
・本読みは小さいときから毎日音読をやっているので、他の子より流暢に読めるけど、さっぱり意味を理解してない。
・文の終わりに○をつけろといっても、文の終わり=行の終わり としか理解できず、行の途中で文が終わってるのはわからない。
・文章の一番言いたいところがわからない。
・友達との会話、先生から言われた言葉、テレビアニメの言葉 わからない言葉をたくさん聞いてきてくれるのは大変素晴らしいことだけど、しーくんの分かる言葉でそれを説明するのは至難の業であり、さらにパターンがたくさんある言葉は、たとえ話を出して説明してもそのたとえ話が正解となって、それ以外はわからない。
たとえば、
「”たまたま”ってなに?たまたまって会うってこと?」
間違っちゃいないけど、たまたまは会うってときだけじゃない。意見がたまたま合う とか。偶然ってこと。
「偶然ってなに?」
そんな至難の業の説明を何度続けても、語彙の数は増えない。

・足し算、引き算の計算は小さいころからしているので、とても速いが、文章題となると簡単なものもそれが足し算なのか引き算なのかわからない。文章からイメージができないのだ。
掛け算、割り算になったらどうなるんだろ。

まぁ、とにかく言葉だ。

学校の先生に、もう家で教えるのにも限界がある・・・
毎日2時間も勉強してる1年生なんて・・・
と泣きつくと、放課後デイを教えてくれました。
早速通い始めたけど、1年生の初期の内容を教えてくれるのであまり意味がなさそう。
今は2年生で長さの計算をやってるけど、センチとミリの関係を何度図式化して説明してもわからないので
とうとう算数が嫌いになってきて、算数がある日が憂鬱になってきてます。
勉強嫌いになるから勉強させすぎるなっていうことを守ってたら、もう全くついていけず学校に行けなくなりそうな気がします。

私、やりすぎなのかな。
でも、まあ兄さん、ゆうには勉強教えたことなんてなかったし。
やっぱり、しーくんは勉強教えないと全くついていけないと思う。
ついていけなくていいじゃないとはどうしても思えない。今までなんとかやってきたから。
軽度の発達障害だから、高校に行けなかったからといって支援があるわけじゃない。
遅れは個性・・・じゃ食べていけない。
やれるところまでやろうと思う。


| 発達障害 | 21:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。